便秘の種類と症状

機能性便秘の3つの種類とその症状

便秘の原因は器質性と機能性の2種類に分けられます。器質性は大腸がんや腸管癒着など腸に病気があるために起こります。血便などが出るのでこういった場合はすぐに病院に行く必要があります。

 

機能性は生活習慣や食習慣などによって引き起こされる便秘で、3つの種類があります。

 

弛緩性便秘

便秘症の人に最も多いのが大腸の運動が低下することによっておこる弛緩性便秘です。腸の動きが悪く便を押し出す蠕動運動が行なわれにくいため大腸の中に便が長く留まって硬くなります。

 

高齢者や女性に多く運動不足や腹筋力がない為に引き起こされます。またダイエットなどで食事量が少亡くなった場合や、食物繊維を摂る量が少なかったり水分不足などでも起こります。ひどくなると食欲が減ったり肩こりや肌が荒れてきたりします。

 

痙攣性便秘

ころころとしたウサギの糞のような便が出るのが痙攣ん性便秘です。環境の変化や精神的なストレスが原因で引き起こされます。ストレスがかかる事で副交感神経が過剰に緊張を続けるために腸が痙攣を起こし、蠕動運動は起こるのですが便の通りが悪くなって出にくくなるのです。

 

直腸性便秘

また便意を我慢する事が多い人は直腸性便秘になります。直腸に便が来ても排便反射が起こらず直腸内に便が長く停滞している状態です。忙しい人や便意があってもトイレに行くのが恥ずかしくて我慢してしまう人、寝たきりの人などに多い症状です。

 

便意は我慢すると数分で止まってしまい、そういった事をくりかえしていると直腸が蠕動運動を起こさなくなるのです。便意があれば弱いものでもすぐにトイレに行く事が大切です。