便秘が原因で死に至る

悪化した結果死亡した例

美容や健康面で様々な悪影響が出る「便秘」ですが、時に命に関わる重大な病気に発展することもあります。実際に便秘が原因んで死亡した人もおり、たかが便が出ないだけと甘く見てはならないのです。

 

便秘が原因で死亡した例で最も有名なのが、1998年に死亡した21歳女性のケースです。その女性は1年ほど便秘に悩まされており、市販の薬を飲むことで便通を促していました。しかし、病院には一度も通わず、専門医の治療を受けることはありませんでした。

 

仕事が休みの日に体の不調で自宅で療養していたところ、トイレで亡くなっているのを女性の弟に発見されました。亡くなった原因は、腸の中に溜まった大量の便による「腸閉塞イレウス」です。便が腸に詰まったことが原因で、この女性は若くして命を落としてしまいました。

 

このように、便秘が原因で死亡した人は実在するのです。万が一、便が出ない日が続いている場合は、一刻も早く症状を改善する必要があります。

偏食と水分不足を改善しよう

便が出ない原因として最もよく挙げられるのは、「偏った食生活」です。特に、肉類を多く摂取していると、腸内の悪玉菌が多くなり、便秘の原因となります。野菜や果物など、「食物繊維」が豊富に含まれた食事を心がけましょう。

 

また、「水分不足」も便が出なくなる原因の一つです。水分をこまめに少しずつ補給することで、腸の働きが活性化し、便が出やすくなります。また、冷え性気味の人は、冷たい水より温かいお茶やハーブティーを飲むのがおすすめです。