再発させないためには食生活の見直しを

便秘予防のための食生活

便秘はコワイ病気を連れてくるかも知れないものです。腐った食べ物や老廃物を体に溜め込むことになるからです。便秘で溜まった体内の老廃物は皮膚などから出てくることもありますが、病気の原因になることも少なくないのです。

 

さらには体内に便が残ることで肥満の原因になったり、肌から排出する際に吹き出物の原因になったりします。

 

便秘になりたくなかったら、まずは食生活を変えましょう。水分や食物繊維が少ないものは避けるべきです。具体的にはスナック菓子やパン、ケーキなどを避けるべきです。逆に水分や食物繊維が多いものをたくさん摂りましょう。

 

具体的には新鮮なフルーツや野菜です。こんにゃくや寒天、海藻類などの食物繊維が多いものをとることも良いでしょう。また、内臓の働きを活発にするために刺激するのも良いです。ヨガなどを習うと内臓を刺激できます。また、腹筋等の筋肉トレーニングをして排便する力を高めることも大切です。もちろん、水分自体を多目にとることも忘れてはいけません。

和食中心で果物を取り入れるのがイイ!

基本的には洋食は避け、和食としましょう。肉を食べるよりも納豆を食べた方が良いです。ケーキの代わりにミカンを食べるようにするのも良いでしょう。

 

キシリトールを摂取すると内臓が刺激できます。これだけやっても出ないなら試してみると良いでしょう。キュウイやバナナなどの果物を毎日食べるようにすると効果が上がりやすいです。これだけやっても駄目なら腸内清浄を検討してみて下さい。