繊維質以外に摂りたい食品

便秘解消のために摂りたい食品とそのバランス

毎日の食事を見直すと便秘解消に効果が発揮できるでしょう。何と言っても便秘に効果的な食事は食物繊維を多く含む食品を食べる事でしょう。

 

食物繊維は1日20g位を摂ると良いと言われています。

 

水溶性と不溶性のバランス

食物繊維には水に溶けやすい水溶性食物繊維と水に溶けにくい不溶性食物繊維の2種類があり、これらを摂り過ぎずバランス良く摂取する事が大切です。

 

水溶性と不溶性のバランスは1:2の割合で摂るのが良いでしょう。

 

水溶性食物繊維

便を柔らかくして有害物質を吸着して排出させます。これを多く含む食品は海藻類やこんにゃくなどです。

 

不溶性食物繊維

便の量を増やして腸の運動を活発にさせます。豆類やイモ類、きのこ類などがこれに当たります。

繊維質以外

発酵食品

腸の善玉菌を増やし腸内の細菌のバランスを整えるために、ヨーグルトなどの乳製品や納豆などの発酵食品を摂取する事も効果があります。

 

また、油を適度に取る事も便秘解消効果があります。オリーブ油は腸の動きを活発にさせ便をスムーズに排出する事を促してくれます。

 

水分

水分を摂る事も大切で、水分が少ないと便を硬くさせ便秘になってしまうので、一度に大量ではなくこまめに水分を摂る事も忘れないようにしましょう。

 

食事は1日3食規則正しく適量を摂り、特に朝食はきちんと取る事が便秘解消には大変効果的なのです。朝食を摂ると眠っている間に休んでいた腸を刺激し活発化させ便意を起こさせるからです。また、食物繊維をたくさん摂る事ができる和食を食べると良いでしょう。